【10月21日】入荷情報

こんにちは。

 

 

関東もようやく今週末より秋らしい気候になるようで。

いやはや、ほんとうに‘ようやく’。。。

 

 

 

 

10月も中旬、むしろ下旬にさしかかろうというのに

昨日までまだ短パンを履いてましたからね。

 

 

 

なんなら上半身も半袖でいいと思うくらいの気候でしたが

さすがにこの時期にその格好をするのは気が引けまして、一応半袖の上に長袖を羽織って。

 

 

 

でも、結果、この時期らしからぬ汗のしたたりっぷり。

 

 

 

 

夏であれば、歩いている途中にコンビニとかに入って涼んで休憩もとれますが

この時期にコンビニに入っても外の気温と大して変わらず汗が引かない。

 

 

 

なので、ほんとうに‘ようやく’です。

 

 

 

 

 

そんな中、世間は半年に一度のファッションウィーク。

 

 

東京コレクションがスタートしたり、都内各地でファッションイベントが開催されたり。

 

 

東京にファッション関係者が集まるということで

多くのブランドはこの時期に集中して展示会を行ったりするんですね。

 

 

 

 

自分の周りのブランドも例外ではなく

今週は久しぶりに、連日都内に出ておりました。

 

 

 

 

本来であれば、各ブランドの秋冬の新作でも着て都内を歩きたいところですが

新作どころか短パン履いてましたから。

 

 

 

なので、ほんとうに‘ようやく’です。

 

 

 

 

さて、そんな秋の気配が感じられる週末に

短い秋を堪能すべくのヴィンテージをアップしています。

 

 

 

 

<Vintage Clothing>

Vintage Clothingとはいわゆる古着のことであり、ここでは、Blue Ranchが独自の観点と好み、そして単純に「誰かに着て欲しい」という思いで買い付けてきた古着をセレクトしている。
自身、昔から古着は好きだが「ヴィンテージ」や「プレミア」、「デッドストック」などの言葉には正直あまり興味はなく、「古着=1点もの」という古着そのものの魅力、そしてその古着を現代の洋服とどう組み合わせるかという、考えて表現する楽しみを感じてもらえたらこれ幸い。

 

 

 

 

Satin Flight JKT

971

Blue Ranch でも何度か展開しているサテン生地のフライトジャケットタイプの軽アウター。サテン生地一枚仕立てで、今の季節の羽織物として重宝するアイテムです。今回はこれからの季節に合わせて落ち着きのある色味のものをチョイス。くすんでいながらそれでいて風合いがあり、冬の澄んだ空気を感じさせる絶妙な色合いのネイビー色が最大の魅力です。ゆったり身幅、短め着丈、ドロップショルダーと、現代ファッションに引けを取らない間違いのないシルエットはもちろん健在。ドロップショルダーによって長めに設定された袖の背面にはダーツ(つまみ)が2箇所とられ、着用時のシルエットをより洗練されたものにしてくれます。身頃内側には内ポケットが搭載されているなど、さりげない機能性も◎。

 

 

 

 

Hi Neck Sweat

968

数年前から冬の主流となっているタートルネックですが、こちらはあえて首周りがゆるく大ぶりにデザインされた一風変わったハイネックタイプのスウェット。タートルネックとは違い、カッチリし過ぎず程よくゆるい‘抜けた’スタイルを演出してくれる一品。インパクトのあるハイネックに引けを取らないのが、デザイナーのこだわりが感じられるクオリティーの高いディティールの数々。身頃と袖の繋ぎ目を排したドルマンスリーブに加え、ゆったりとした身幅やフロントのカンガルーポケット、ドローコードを搭載した裾の仕様などは、マウンテンパーカーのようなアウターのような表情も持ち、中に着込んでレイヤードスタイルを楽しむこともできる万能アイテムとなっています。

 

 

 

 

といった内容です。

 

 

 

 

 

夏の短パンスタイルも大好きですが

やはり色々な着こなしを楽しめる秋冬のほうが、洋服を着ていて楽しいと感じます。

 

 

 

そんな時期がもうすぐそこまで。

 

 

 

 

とはいえ、気候や気温の急な変化で体調を崩しやすい時期でもあるので

浮かれていないで地に足をつけましょう。

と、自分に言い聞かせている次第。

 

 

 

 

みなさんも季節の変わり目の体調管理には十分にお気をつけください。

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

2016.10.21